アイフルホーム evas 評判

日本は世界の中でも有数の地震大国と言われており、家を建てる場合に特に耐震性能を優先される方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、住宅の性能を重視しようとすると、どうしても坪単価や建築費用は割高になってしまいます。

 

その一方で、建築コストを抑えようとすると、住宅の性能の面で劣ってしまいがちですが、アイフルホームでは比較的ローコストでありながら、耐震性能にもこだわっていると評判です。

 

もともと、アイフルホームでは地震に強い家づくりが行われていましたが、阪神・淡路大震災の際にはアイフルホームで建てられた住宅が、全半壊ゼロという実績を誇り、注目を集めました。

 

しかし、ここで歩みをとめるわけでもなく、この大地震をきっかけに、更に地震対策への取り組みを強化し、商品を開発され住宅性能表示制度の耐震等級で最高等級となる3相当を実現されています。

 

耐震等級3相当と聞いても、どれぐらい凄いことなのか?とピンとこないかもしれませんが、住宅性能表示制度の耐震等級は3つの段階で示されます。

 

耐震等級1は、数百年に一度発生する地震に耐えられるレベルを示しており、耐震等級3は耐震等級1の1.5倍の地震力に対しても倒壊しないレベルとなります。

 

そして、アイフルホームでは次世代制震システムである「EVAS(イーバス)」が採用されており、繰り返しおこる地震に対しても優れた性能を誇っています。

 

アイフルホームの次世代制震システムEVAS( イーバス)の特長としては、繰り返しの地震に強く、建物の変形量を約1/2に低減してくれるので、安心して住み続けることができるといったことがあげられます。

 

また、家全体が丸ごと制振装置なため、間取りの面で制限がかかることもありませんし、もちろん、メンテナンスフリーとなっていますが、EVAS(イーバス)の評判も気になるところです。

 

そこで、今回はEVAS(イーバス)の評判に注目してみました。

 

 

「耐震等級3をクリアするために小屋裏を広く取れなかったり、家のデザインや家の形が単調になりやすいなど、妥協しなければならないところもあります。
しかし、その反面、耐震性能や保証など、目に見えない部分がしっかりとしているような印象を受けました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

アイフルホームでは、耐震等級3となるような設計にも対応されていますし、次世代制震システムであるEVASの設置によって、高い耐震性能が期待できると評判です。

 

また、性能が優れているわりに建築コストが抑えられているなど、コストパフォーマンスにも優れています。

 

しかし、プランによっては耐震等級3を満たせない場合もあるようですから、このあたりは確認しておく必要がありそうです。

page top